安全に飲みたい!すっきりフルーツ青汁は授乳中でも飲んで平気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっきりフルーツ青汁をダイエット目的で飲んでいる方も、栄養補給のために飲んでいる方も、体内にいれるものは安全であることが大前提としてありますよね。

すっきりフルーツ青汁は、健康食品に分類されますが、授乳中や妊娠中でも飲むことはできるのでしょうか。

特に授乳中となると、赤ちゃんへの影響も気になるところですよね。

その他にも副作用の心配はあるのかを見ていきたいと思います。

<すっきりフルーツ青汁は授乳中でも飲んで平気?>
授乳中は赤ちゃんの分の栄養も摂らなくてはなりません。

食事から豊富な栄養を摂ろうと思うと、かなり気を使って食事メニューを考える必要があります。

そんなときに役立つのが青汁なのです。

青汁には豊富な栄養素、食物繊維が含まれているため、便秘気味の方にも効果を発揮してくれます。

普段の食事にプラスして、すっきりフルーツ青汁を摂りいれることで効率良く栄養を体内に送ることができます。

授乳中や妊娠中でも、すっきりフルーツ青汁を飲んでいる方は多くいます。

また、産後ダイエットの一環として、すっきりフルーツ青汁を摂りいれている方も多いようです。

ただし、急激な体重の減少は、身体に負担をかけてしまうため、体調管理はしっかりとするようにしましょうね。

心配な方は事前に、かかりつけの医師に相談してみてください。

<どんな成分が入っているの?>
すっきりフルーツ青汁には80種類以上の酵素が含まれています。

栄養を補う点や、便秘解消に効くため、授乳中に必要な栄養を摂取しながら、産後ダイエットもできちゃうわけです。

また、大麦若葉、明日葉、クマザサなどの青汁の成分になるところは、全て国産のものを使用しているので安心して飲めますよね。

青汁本来の苦みを抑えられるように、豊富なフルーツ成分を含み、飲みやすさにも特化しています。

そして、豆乳パウダーで肌の調子を保つことや、女性らしさも忘れずにいることができそうです。

授乳中は子どもがまだ小さい時期なので、どうしても疲れがたまりやすくなってしまいますよね。

イライラしたり、ストレスがたまることもあると思いますが、そんなときはすっきりフルーツ青汁を牛乳や豆乳で割って、カルシウムを摂取してみてはいかがでしょうか。

デザートがわりに飲めるので、気分転換にもなるかもしれません。

<注意すべき点>
授乳中や妊娠中でも飲んでも大丈夫なのですが、注意すべき点ももちろんあります。

ポイントをおさえておきましょう。

ポイント1:アレルギー
アレルギーの反応がでやすい食品として、乳、小麦、ゼラチン、大豆、ゴマやカシューナッツ。

フルーツは、キウイ、オレンジ、リンゴ、バナナなどが含まれています。

アレルギーを持っている方は、反応する可能性があるので、注意してください。

ポイント2:薬・サプリメント
薬やサプリメントを摂取している方も多いですよね。

すっきりフルーツ青汁は基本的に薬との併用が可能となっていますが、特定のビタミン摂取の制限がある方(ワーファリンなどを服用している方)は、医師に確認を取ってから飲むようにしてください。

サプリメントに関しては、1日に飲む量を守りながら併用することが可能です。

しかし、青汁を飲む際には、1度に大量摂取した場合にお腹がゆるくなる可能性があるので注意が必要です。

<安全に飲みたい!すっきりフルーツ青汁は授乳中でも飲んで平気?:まとめ>
すっきりフルーツ青汁は、食品のため、授乳中や、妊娠中に飲んでも大丈夫ということがわかりましたね。

ただし、他に注意すべき点もあるので、薬を摂取している方や、心配な方はかかりつけの医師に確認をとってから飲むようにしてくださいね。

不安を解消して、楽しんですっきりフルーツ青汁を飲めると良いですね。

>>すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。