水の量で濃さを調整?すっきりフルーツ青汁に水は不可欠?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっきりフルーツ青汁は粉末状なのですが、みなさんはどのようにして飲んでいますか?

通常は水で溶かして飲むのですが、水の量はどのくらいがベストなのでしょうか。

水の量によって濃さが変わることで、味も変わるのでしょうか。

毎日続けるものだからこそ、美味しく飲みたいですよね。

また、すっきりフルーツ青汁は、水以外のもので割っても良いのでしょうか。

みんなが試している美味しい飲み方を調査してみましょう。

<ベストな水の量とは?>
すっきりフルーツ青汁は、1箱1か月分30包入りです。

30日分とはなっていますが、1日に何食か置き換えたい方もいると思いますし、その辺は1日分の容量は特に決まりがないので、自分の好きなタイミング、回数を飲むことができます。

1包3g入りなのですが、この1包に対して水の量は100mlがベストとされています。

水の量が100mlだと、500mlのペットボトルと比べると、すごく少なく感じませんか?

しかし、青汁に抵抗がある方や、初めて飲む方にはちょうど良い量であり、続けやすい量でもあるのです。

すっきりフルーツ青汁は、さらさらの粉末なので、水だと多少溶けにくいという声もあるため、お湯を沸かして溶かす方法もおすすめです。

粉末が残ってしまうと、薬っぽさを感じ、苦手と感じることもあるようなので、しっかりとかき混ぜて飲むのが良いですね。

水で溶いて飲む方法がスタンダードなのですが、味が薄いと感じるという声も多いため、その際は水の量を調整するか、違う飲み物で割るかの方法を試してみましょう。

水の量を少し減らすと、フルーツジュースっぽさが増すため、青汁感をあまり出したくない方は、水の量を減らしてみても良いかもしれません。

<おすすめの割り方>
通常は水で溶かして飲むのが良いとされていますが、どうしても飽きてしまったり、水だと飲みにくいと感じる方もいますよね。

ポイント1:牛乳
まずおすすめなのが、牛乳で割る方法。

牛乳で割ると、まろやかさが増すので飲みやすくなります。

さらに腹持ちもよくなるため、一石二鳥ですよね。

ただ、キンキンに冷えた水や牛乳で割ると、どうしても体が冷えてしまいますよね。

内臓が冷えてしまうと、身体の機能も低下してしまうので、特に冬場はキンキンに冷えたものは避けた方が良さそうです。

ただし、熱々の飲み物で割ると、すっきりフルーツ青汁に含まれる酵素の効能が弱まるため、熱い飲み物で割るのも注意が必要です。

ポイント2:豆乳
牛乳と同じく人気が高いのが豆乳です。

牛乳よりも、もったりとした濃厚な豆乳は、より腹持ちをよくしてくれますし、美肌効果にも期待がもてます。

普段から豆乳を飲んでいるというかたは抵抗なく飲めると思いますが、豆乳のクセが苦手という方は、豆乳の種類にこだわってみても良いかもしれません。

<おやつ代わりにしたい方>
おやつ代わりにしたい方や、満腹感を味わいたい方におすすめなのが飲むヨーグルトで割る方法。

朝ごはん代わりに飲みたいけれど、水だとあっさりしすぎる気がして…。

そんな方は、飲むヨーグルトで割ってみてはいかがでしょうか。

スムージーのような濃さで青汁を楽しむことができちゃいますよ。

また、定期コースなら初回の1か月分を630円(税別)で購入でき、1包あたり21円なので、飲むヨーグルトを買ってもそんなに高い朝食にはなりませんよね。

ヨーグルトやアイスと混ぜて食べる方法も公式サイトでおすすめされています。

<水の量で濃さを調整?すっきりフルーツ青汁に水は不可欠?:まとめ>
水の量は100mlがスタンダードだということがわかりましたが、自分の好みの濃さに調整して構わないこともわかりましたね。

すっきりフルーツ青汁自体の味は、水の量を調整することでフルーティーさが増したり、香りが変わってきます。

水にこだわらなくても、自分の好みのフルーツジュースや牛乳などで割ることもおすすめされているので、毎日割るものを変えて飲むのも楽しそうですね。

>>すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。